浮世絵書道・お名前書道・大きい作品を手掛けています。

伝統的な書法に則った上でオリジナリティ溢れる表現を目指し、作品づくりにチャレンジしています。

国内外のみなさまに、書道や和歌の美しさ、綺麗に字が書ける喜び発信しています。
 
<< ラグビーワールドカップ Rugby World Cup2019 | main | 米ロサンゼルス展覧会・出展決定 >>
12月のうた

 

寒い季節にぴったりの

雪梅

という作品を紹介します。

 

 

遊幾布礼者

起故登耳 者那所

斜起尓気留

以都連越無免東

王幾天遠羅満之

 

 

ゆきふれば

きごとにはなぞ

さきにける

いづれをむめと

わきてをらまし

 

※むめ=梅

 

 

意味・・・

雪が降ったので、すべての木の一本一本にすっかり花が咲きました。

どれを本当の梅の花だと見わけをつけて折ればいいのでしょうか。

 

 

見どころは・・・

 

■万葉仮名

万葉仮名は、音に一つの漢字をあてて書く方法です。

紀友則の作品です。

 

■言葉遊び

「木の一本一本」の意味の「木ごと」と、梅の漢字を分解した「木」「毎」が掛かっています。

 

■飾り軸は、オリジナルの配色で制作したものです。

この模様に合う歌を選びました。

冬の情景をうたった平安時代の世界観を、軸の中に表現しています。

 

 

 

 

左上は、青系グラデーションの麻の葉模様ですが、まるで雪の結晶のよう。

 

 

右上には、雪を頂いた富士山。

 

 

 

右下には、梅の花が咲いています。

 

左下は銀。

まさに銀世界が広がっています。

 

 

■大きさ

飾り軸

縦およそ55cm

横およそ30cm

 

額縁(木製・アクリル板)

縦およそ75cm

横およそ57cm

 

 

この作品のお求め、お問い合わせは、

株式会社アンジュアインターナショナル
TEL:03-6311-7592
Email:info@anjour-intl.com

 

※参考:和漢朗詠集 講談社学術文庫

 

 

 

|投稿日時:2019.12.05 Thursday 11:00 |
|カテゴリ: 大きい作品 |