浮世絵書道、お名前書道と大きい作品を手掛けています。
伝統的な書法(楷書、草書、行書、仮名)に則った作品づくりと日常に活かせる書道を指導しています。
 
<< 卒業式の立て看板 | main | 鳳趐(ほうし) >>
趯(てき)

趯(てき)

左から右下方向への大きなはらいです。

 

空きを作ります

はねの先は、左右のはらいの先を結んだ線より上部に来ます。はねる際、筆の先が返り筆の裏ではねます。

 

起筆:中心の縦線を左に超えた位置から始まります。(「木」などの場合、左払いと同じ位置)

 

送筆:波磔と同様に、だんだん力を入れ、一番太い部分で方向を変えます。

 

終(収)筆:徐々に力を抜き、右に払います。

 

※一画目の縦線は、大きくはねます。

 

■その他の例

 

空きを作ります

はねの先は、左右のはらいの先を結んだ線より上部に来ます。はねる際、筆の先が返り筆の裏ではねます。

 

空きを作ります

あきを等しくします

 

空きを作ります

 

 

※楷書について説明しています

※画像と文章には著作権があります

|投稿日時:2018.03.20 Tuesday 16:00 |
|カテゴリ: 書のみどころ−型 |