浮世絵書道・お名前書道・大きい作品を手掛けています。

伝統的な書法に則った上でオリジナリティ溢れる表現を目指し、作品づくりにチャレンジしています。

国内外のみなさまに、書道や和歌の美しさ、綺麗に字が書ける喜び発信しています。
 
<< 啄(たく) | main | 鉄城(てつじょう) >>
散水(さんずい)

 

散水(さんずい)

短い三本の横線を縦に配します。

 

 

あき

 

起筆:筆を置き、一呼吸おいて右にひきます。三画目は、下部に角がでるように力を入れ、右下に引きながら置きます。

 

送筆:太さは一定です。三画目は払ってしまわず、右上へ線を引きます。

 

終(収)筆:止め、静かに離します。三画目は、右上に払います。形は、三画ではなく平行四辺形が内包されたようになります。

 

※一画目は大きく、二画目は小さくします。

 

■その他の例

 

狭くします

「月」の最終画が、散水の三画目より、やや下に出て、全体のバランスを取ります。

 

 

あき

休む

 

 

あき

「口」は、散水の三画目より、やや上部に位置させ、バランスを取ります。

転折なので最後少し出ます

 

※楷書について説明しています

※画像と文章には著作権があります

|投稿日時:2018.01.26 Friday 13:06 |
|カテゴリ: 書のみどころ−型 |