浮世絵書道・お名前書道・大きい作品を手掛けています。

伝統的な書法に則った上でオリジナリティ溢れる表現を目指し、作品づくりにチャレンジしています。

国内外のみなさまに、書道や和歌の美しさ、綺麗に字が書ける喜び発信しています。
 
<< 折釘(せってい)・転折(てんせつ) | main | 啄(たく) >>
書の基本-1


 

基本を知れば、作品を読むことができ、意味が分かり、そして書家の腕前もわかります。

 

それが、ひいては作品の価値がわかる目になります。

 

意味が分かるようになるためには、形とともに覚えます。

 

漢字には、楷書、行書、草書など。

かなには、平仮名、変体仮名、そして続けて書く連綿。

 

英語を学び始めた頃、同時に海外の国に興味を持った私。

ふと、旧字体や変体仮名など、それほど昔ではない時代に日本で書かれ日本語、祖父母が生きていた時代に使われていた日本語を、日本人なのに読めないことに恥ずかしさを感じ、書道を学ぼうと思ったのでした。

 

|投稿日時:2018.01.25 Thursday 14:13 |
|カテゴリ: 書のみどころ |