浮世絵書道、お名前書道と大きい作品を手掛けています。
伝統的な書法(楷書、草書、行書、仮名)に則った作品づくりと日常に活かせる書道を指導しています。
 
<< 曲尺(きょくしゃく) | main | 書の基本-1 >>
折釘(せってい)・転折(てんせつ)

 

折釘(せってい)・転折(てんせつ)

左から右へ、そして曲がって下へ引く直線です。

 

起筆:筆を置き、一呼吸おいて右にひきます。

 

送筆:角で止め、真下へ引きます。太さは一定です。

 

終(収)筆:止め、力を入れず、離します。接する横線は、折釘(転折)の終わり部分を超えて、少し右へ出るように書きます。

 

 

■その他の例

 

 

 

 

口の形は、下の辺が短い台形にします。

 

 

 

 

 

※楷書について説明しています

※画像と文章には著作権があります

|投稿日時:2018.01.20 Saturday 15:43 |
|カテゴリ: 書のみどころ−型 |