浮世絵書道・お名前書道・大きい作品を手掛けています。

伝統的な書法に則った上でオリジナリティ溢れる表現を目指し、作品づくりにチャレンジしています。

国内外のみなさまに、書道や和歌の美しさ、綺麗に字が書ける喜び発信しています。
 
<< 書の評価ポイント | main | 謙慎展2017 >>
書道と筆文字アートの違い

 

書道には「道」が付くのはなぜでしょうか?

 

 

柔道、剣道、華道、茶道に通じるように、勝敗の基準、美しさの基準としての「型」があるからです。

 

書道における型は、作品の評価ポイントです。

 

主に、書の心得のある複数の書道家が評価する展覧会(日展、読売書法展、謙慎書道展、毎日書道展、自治体主催の展覧会等)で重視されます。

 

国内有数の展覧会での受賞歴は、書道家としての実力の証となります。

 

 

一方、型に取らわず自由な形態で書かれた筆文字は、特に欧米では芸術作品(アート)の一つとしてとらえられます。

書を評価できる審査員がいない、つまり書としての評価はなされていない、とも言えるでしょう。

 

|投稿日時:2017.01.07 Saturday 14:46 |
|カテゴリ: 書のみどころ |